2017年11月24日金曜日

2期 第8回ゼミ

ゼミ生のYです。

 2期第8回ゼミを行いました。今回は芝健介著『ホロコースト ナチスによるユダヤ人大量殺戮の全貌』(2001年、中公新書)を各々読んできて、意見交換しながらホロコーストについて考えていきました。私はユダヤ問題については世界史における悲しい一出来事ということ以外にあまり深く掘り下げたことがなく、本書を通して詳しい事実や背景をよく知る良い機会になりました。

 反ユダヤ主義から始まったホロコーストはヒトラーやナチスの思想のみによるものではなく、様々な要因も合わさったことによって状況が加速し、歯止めが効かなくなってしまった結果でした。しかし、だからといって彼らのしたことが許されるわけではありません。行きすぎた選民思想とエゴが独裁と悲劇を生み出してしまったという紛れもない事実を忘れず、人間の生き方や宗教のあり方、多様性を認める社会を考えていかなければならないのだと思いました。

 ゼミ後には、学習センターで行われていたランチタイム講座「手話セミナー」を聴講しました。講座といっても全く堅くなく、手話の文化について実演を交えながら分かりやすく楽しく知ることができました。実際に手話の話者である本学の学生の方もとても人当たりが良い感じでした。1期で手話に関してディスカッションを行いましたが、それでもまだまだ知らないこともあり、一層勉強になりました。

 私が小学校の頃、発音障害を持っていたある男の子のクラスには壁に指文字の表が必ず貼ってありました。そうすることで指文字が身近なものとして違和感なく感じられるほか、その子とも皆分け隔てなく自然に接することが出来ていました。頭が良く話も面白い彼は友達がとても多かったのをよく覚えています。こうした相互理解のための工夫がもっと広くなされることで、誰もが生きやすい社会へ一歩踏み出して行けるのではないでしょうか。

2017年11月16日木曜日

2期 第6回、7回ゼミ

担当教員の相澤です。第6回、7回ゼミでは、いつもとは趣を変えて、映画を「読み」ました。

本ゼミでは、毎回、文章を正確に読む訓練をしています。しかし、「読み」の対象は本だけではありません。映画作品が映像を通して何を表現しているのかを正確に理解するためには、映像や作品全体を「読む」訓練が必要です。そこで、今回はマルジャン・サトラピ監督の『ペルセポリス』という映画を見て、この作品が伝えようとするメッセージをみんなで読み取ることにしました。

『ペルセポリス』は、イランとヨーロッパを舞台に、マルジというイラン人女性の成長を描き出す作品です。イラン革命とイラン・イラク戦争で大きく変化する幼年時代、ヨーロッパへ留学し異文化の中で生きる思春期、そしてヨーロッパからイランに帰って大人としての一歩を踏み出すまで、と主に三つの場面から成り立っています。

ヨーロッパでもイランでも、マルジは友人に囲まれ、社会や文化に溶け込んだ生活をしているように見えます。しかし、彼女はヨーロッパにおいても祖国イランにおいても自分を「異邦人」と感じると言います。私は、この気持ちが一体どこから生じるのかをゼミ生に考えてほしいと思いました。というのも、私自身、ヨーロッパで二年暮らしながら「異邦人」であると折に触れて感じずにはいられなかったからです。「異文化共生」という言葉をしばしば耳にする昨今、それは一体どういうことなのか、あるいはどれほどの難しさを伴うことなのかを映画を通じて改めて想像してほしかったのです。

「ペルセポリス」は私の大好きな作品の一つで、公開以後(初めてフランスに留学している最中に映画館で見たのが最初)、何度も見返し、何度も涙している、言わばすでに十分に味わい尽くしている作品です。にもかかわらず、今回若い学生と一緒に感想を話し合う中で、さらに新たな気づきを得ることができました。学生も、他のゼミ生や私と語る中で気づきがあったと思います。いい映画はいい本と同様、語る価値がある!語るって面白い!ということをゼミ生が体験してくれたとしたら、授業をやった甲斐があるというものですが、どうだったでしょう?



2017年11月11日土曜日

舞台観劇 『プライムたちの夜』

 ゼミ生のRです。

  118日、ゼミ終了後に相澤先生とゼミ生二人で新国立劇場にて演劇『プライムたちの夜』を観劇しました。前回のゼミでの舞台観劇の方も新国立劇場でした。今回は以前観劇した中劇場ではなく小劇場でしたので、出演者との距離がより近いという新鮮さがありました。『プライムたちの夜』は海外戯曲です。今回が日本初演ということで観劇前から非常に楽しみでした。


 今日、世界全体でAIやロボット技術を活用しています。テレビやスマートフォンでそういった内容のニュースを日々見ているものの、いまいち自分自身にはピンとこない部分がありました。しかし本戯曲は、まさにこうした新しい技術と人間の関係をテーマとしています。人間ドラマを通して、ダイレクトに技術がもたらす不安や葛藤が伝わってきました。そして日々取り上げられている技術関連のニュースを思い出すと、本戯曲のようにアンドロイドと人間が共に生きるのは、そう遠くない未来かもしれないと感じます。そうなった時、自分は発達した技術とどのように向き合えばよいかと考えさせられました。

 シリアスな題材を活かす役者さんの演技が素晴らしく、上演後半には思わず涙しました。「老い」や「家族」もテーマでしたので、自身の家族や大切な人について考えながら観劇しました。そうすると共感出来る場面が多くありました。特に印象に残っているのはアンドロイドの「なんて素敵なの。誰かを愛せたってことは」という台詞です。技術が進むにつれて何でも可能にしてしまう人工知能にとって、唯一不可能なことがこの「愛する」という感情を持つことではないかと感じました。


 戯曲を観劇して、たとえ家族や大切な人が亡くなったとしてもアンドロイドとして再会したくはないと思いました。人生はどのような過程があろうと一度きりだからこそ尊いもので、その人の生きた価値があるのだと考えます。一方で大切な人と思う程、その人とは永遠にでも一緒に居たいという気持ちも理解出来ます。戯曲を通した個人的な学びとしては、大切な人と後悔しないような関わりを築くということです。

 舞台観劇をする度に、新しい視点や考えを得られると感じます。今回も充実した時間となりました。
 

2017年10月29日日曜日

2期 第5回ゼミ

 ゼミ生のYです。

 2期第5回ゼミを行いました。内容は今までと同様、新書紹介とJ.S.ミル『自由論』の輪読をしました。

 新書紹介では、まず相澤先生が渡辺克義著『物語 ポーランドの歴史』を紹介してくださいました。コラムのエスペラント語について、これを考案したユダヤ系ポーランド人のルドヴィコ・ザメンホフはその出自から、異文化コミュニケーションの方策として創造し共通語として広めたいと考えましたが、残念ながら話者はそこまで増えていないそうです。そこにユダヤ人迫害や差別の関わりを考えると、宗教のあり方とは何なのだろうと思ってしまいます。
 次に私が石井洋二郎著『パリ 都市の記憶を探る』を紹介しました。街そのものが骨董品のような花の都・パリですが、それら全てはただの美術品ではなく、都市と郊外の差異という社会的背景が投影された象徴空間であるとしてパリの様々な場所を探訪していくという内容でした。2月にパリで海外研修を行う予定ですが、街路全てに偉人の名前が付いているとのことで、歩くたびに通りの名前を確認したいです。それはそれで楽しそうですよね。
 最後にRさんが鹿島茂著『フランス歳時記 生活風景12か月』を紹介しました。これはフランスの月ごとの様子が書かれてある本で、そこからいくつかピックアップしてくれていました。私は中でも「劇場のない秋は、ヴァカンスのない夏のようなもの」という考え方が芸術のフランスらしく、日本にはあまりない感覚で面白かったです。

 『自由論』では第1章を少しずつ読み進めていますが、人間社会での意志とは必ずしも総意にはならず、それがまた自由に対する考え方の違いにも現れているのだろうかと思いました。まだ序盤ですが、漠然としているようで事実と深く根付いており、読み解いていくのが難しくも楽しく感じます。次回はフランス映画を鑑賞しますが、そちらも楽しみです。

2017年10月22日日曜日

2期 第4回ゼミ

 ゼミ生のRです。

  後期第4回目のゼミを行いました。今回のゼミも各々が選択したヨーロッパに関する新書の紹介、またJ.S.ミル『自由論』を輪読しました。

  新書の紹介では、初めに相澤先生が石川美子著『ロラン・バルト―言語を愛し恐れつづけた批評家』を紹介されました。この書はロラン・バルトの伝記ですが、バルトの思想についてはさわり程度であまり展開はされていないそうです。しかしバルトの思想について細かく知りたいのであれば原本等、方法はいくらでもあるので逆にそれ以外に重点が置かれている本書は読みごたえがありそうだと思いました。

  次にYさんが遅塚忠躬著『フランス革命―歴史における劇薬』を紹介しました。本書はフランス革命を劇薬と例え、それについて検証をしていく内容です。紹介を聞いていると、フランス革命について知識不足な私にも分かりやすく読み進めることが出来そうな印象を受け、読んでみたいと思いました。革命に犠牲はつきものなのか?革命は現在にどのように生かされているのか?と様々な疑問が浮かび上がってきて、それを考えるだけでも深い理解の一歩を踏み出せそうです。

  最後に私Rが増田四郎著『ヨーロッパとは何か』を紹介しました。本書は「ヨーロッパとは何か」ということを根本的な部分から探求していて、非常に読みごたえのある内容でした。私達が何気なく言う「ヨーロッパ」とは一体何であるのか、ということを、普段は見落としている視点から根本的な理解へと努めていくので、すでにある知識の補完としても役立てることが出来ます。

  そしてゼミの後半に、J.S.ミル『自由論』を輪読しました。現在は第一章を読み進めています。内容にふれる中で、私自身もう少し政治に関して関心意欲を高めなければという気持ちが芽生えてきます。次回の輪読も楽しみです。

2017年10月13日金曜日

舞台観劇 『トロイ戦争は起こらない』

 ゼミ生のYです。

 先日、ゼミ終わりに相澤先生とゼミ生二人で新国立劇場にて鈴木亮平さん主演の演劇『トロイ戦争は起こらない』を観劇してきました。私は新国立劇場には初めて行ったのですが、無駄のない洗練された外観に広々としたロビーはとても美しく、質の高い劇場であると感じられて身が引き締まるように思いました。

 『トロイ戦争は起こらない』は、ギリシャ神話においてトロイの国の王子パリスがギリシャの王女エレーヌを誘拐したことから始まるトロイ戦争を舞台に、パリスの兄である主人公エクトールがどうにか戦争を起こさせまいと奔走するフランス近代演劇の不朽の名作です。戦争を避けようとしたが故に結局戦争が起こってしまうという皮肉な話でしたが、戦争というのは双方ともに張り合えるくらいのレベルであるとき、ほんの些細なきっかけから起こるもので、戦争や平和の在り方を根本から考えさせられる戯曲でした。

作者のジャン・ジロドゥは第一次世界大戦をその身で経験しこの作品を書いたわけですが、だからこそ人々の考え方や動きがリアルで、神話という世界観ながら臨場感ある舞台に感じました。少し難しい言葉や言い回しの長台詞が多く、なかなかすぐには理解しづらい部分もありましたが、役者さん方の熱演は痛切に心に響きました。また、重いシナリオである中笑いを起こさせる場面もあり、飽きさせないような工夫がされているのだなと感心しました。特に第二幕ではとてもタイムリーなジョークなども出て、私も思わず笑ってしまいました。

 舞台セットは最初からずっと変わらず、シンプルで無機質な灰色の円形舞台で、役者さんの演技がより際立って見えました。主演を務めた鈴木亮平さんの演技はその逞しい体格も相まってとても迫力があり、熱がこもっていて圧倒されました。加えてギリシャの智将オデュッセウス役の谷田歩さんも強い気迫でくっきりとした存在感があり、終盤のエクトールとオデュッセウスの会話シーンは鮮烈に印象に残っています。

 時代背景や流れをほとんど知らない状態で観たため、後から調べてようやく腑に落ちた場面がいくつかあり、少し予習してから観ると良かったかなと今になって思います。その上でもう一度集中して観たい舞台でした。来月のゼミ終わりにはまたこちらの劇場で『プライムたちの夜』を観劇予定です。アンドロイドは愛するものの代わりになれるのか、人工知能はどこまで人間の愛に介入できるのか・・・今からとても楽しみです。

2017年10月11日水曜日

2期 第3回ゼミ

担当教員の相澤です。今日も、今週読んだ本の紹介とミル『自由論』の輪読を行いました。

前半は、Rさんが篠沢秀夫『フランス三昧』(中公新書)を、Yさんが高山一彦『ジャンヌ・ダルク 歴史を生き続ける「聖女」』(岩波新書)を、そして私が三瓶恵子『女も男も生きやすい国、スウェーデン』(岩波ジュニア新書)を紹介しました。

今日の課題は、「文章を区切って話すこと」と「質問を二つすること」でした。発表するときは普段のおしゃべりとは違って、聞きやすさを意識しなければなりません。その第一歩として、文章を区切ることを心掛けようと指導しました。

 一方、充実した発表にするためには、発表者だけでなく聞く側も協力しなければなりません。たとえば、質問をすることは「あなたの発表に興味をもった」というメッセージになり、議論を活発にします。このゼミでは、いつも他の人の発表に対する質問かコメントを一つするようにしています。しかし、コメントは時に独りよがりな感想にもなりかねません。相手の発表に対応した質問をする力をつけるため、今日はあえて質問を二つするという指導をしました。

1期での読書発表の訓練を経て、ゼミ生二人とも上手に発表できるようになりました。とはいえ、まだまだ上を目指せます。各回のゼミでやることは基本的に同じですが、少しずつレベルアップできるよう、指導を工夫していこうと思っています。